Q工期は長くなるのですか?
A現場の状況にもよりますが、一般的な工法によるRC地下室工事とほぼ同様か、現場で目地の全溶接をするための 工期約1週間長くなると見込まれます。
Q御社は型枠のみ販売するのですか?
A弊社は一級建築士事務所ですので工事は行いません。ハイブリッド地下室工業会の会員法人をご紹介します。 なお図面をいただければ、型枠工事ばかりでなく、土工事からコンクリート打設までワンストップで会員の法人が お引き受けできる体制を整えています。なお、内装工事については別途個別にご相談ください。
Q建物の設計を依頼することはできますか?
A弊社は一級建築士事務所ですので規模に関係なくお引き受けすることが可能です。住宅から事務所ビル、 海洋建築物までの経験がありますので、計画段階からご相談をいただければ、より良い建物とすることが 可能となります。
Q結露対策はするのですか?
A地下室屋内温度がさがり、露点以下になる場合は鋼板に表面結露が発生するおそれがあります。 一度結露が発生すると悪循環になってますます結露が悪化します。そのため、鋼板表面に結露防止の ウレタンや岩綿等の吹付けをお願いします。なお内装とのからみが有りますので御社工事でお願いする ことを基本とします。
Q地下室の一部だけ防水室とすることは可能ですか?
A地下室の一部だけ防水区画とすることは可能です。その場合、扉は船舶用の防水扉を使うことを 標準とします。写真を参考にしてください。
地下室の一部だけ防水区画とすることは可能です
Q内装工事はどのようにするのですか?
A軽量鉄骨間仕切りLGSを想定していますが、オプションで木下地を大工工事で取り付けられるように 型枠周囲に内装材取付用のビス穴を設けることも可能です。なお、セパレーター取り付け部にはホンタイ 取り付け用のボルトが約20mm突出していますのでナットでの取り付けも可能です。